オンラインカジノ業者

ベラジョンカジノの2000万出金拒否事件の真相に迫る【出金できないの?】

こんちゃ、アヤメです!

1年前に挙げられた、こちらのYouTube動画を見たことがある方も多いのではないでしょうか。(再生回数めっちゃ伸びてるw)
今回はベラジョンカジノが本当に出金できない闇業者なのかについて上記の動画を踏まえて詳しく解説していきます。

本記事の内容
  • ベラジョンカジノで2000万円出金できなかった真実を暴きます
  • ベラジョンカジノで出金できないはデマです【理由も解説】

ベラジョンカジノで2000万円出金できない【真実を暴く】

カンのオンラインカジノで副業

あやめ
あやめ
私もこの動画見たわよ!

この動画のアヤメなりの感想をまとめると以下

アヤメの感想
  • 「出金できない」はありえる
  • 「出金できない」と言うよりも「遅れている」といった方が正しい
  • 出金を遅らせるのはベラジョンの企業戦略(払えないわけではない)
  • 【結論】出金は遅れても必ずできる

動画を見た感想を簡単にまとめると上記です。

出金できない事があり得るなんてふざけてんじゃねーよ!!!頭イかれてんのか?
オンカジ初心者
オンカジ初心者

と、思った方々少々お待ちを。
上記を1つずつ深堀りしていきます。

「出金できない」はありえる

出金できない
「2000万出金拒否動画」を見て思ったことは、

『まあ当たり前かな。』でした。ぶはは

まあ、強いて言うなら、出金拒否ではなく出金遅延と言った方が正しいと思います。

ベラジョンカジノで出金できない人の基本的な特徴として

  1. 不正行為を行った
  2. 規約違反を行った
  3. アカウントの認証ができていない
  4. 個人情報の偽造

上記のように「ルールに反した行為をすれば出金できませんよ」と言うのは耳にタコができるほど聞いたかと思います。

では、YouTubeの2000万円問題や上記の内容を除いた際に、出金が遅かったり、出金に時間がかかりすぎるのは何故なのか気になるところ

出金を遅らせる運営の戦略

ベラジョン 出金遅延

出金を遅らせるのは、「2000万円を出金できないから」ではありません。運営歴の長いベラジョンカジノだからこそできる『もっと遊んでお金を落としていってよ戦略』なのです

1万円や2万円などの小さい額ではこんな戦略は使われませんが、ベラジョンカジノも企業ですから、生き残るためにはユーザーにもっと遊んでもらわないといけないんです。

高額当選が出たとしてもプロバイダー側(※)が払うシステムになっているんで、カジノ側からしたら痛くも痒くもない。むしろ、ユーザーが増えるいい宣伝だぁ〜♪と思っているでしょう。

カジノ側の戦略と言えど、信用が大事なので最近出てきたような新参業者は同じようなことは絶対できないでしょうねw

長年トップを走り続けてきた、ベラジョンカジノと言う大御所だからこそできる戦略。

にしても、やりすぎwww

(※)ゲームプロバイダー=ゲームを開発した人のこと

出金は必ずできる

aaa

動画を見る限り「出金させない」とは一言もいっていないので、必ず出金はされるはずです。なので、ベラジョンカジノの出金拒否ではなく出金遅延と言う事で決着。

カジノの口座にお金が残っていたらついついベットしてしまう。

こんな経験ありませんか?

あやめ
あやめ
私はありますww

こんな感じで「もうちょっと遊んじゃお。」「もしかしたらこのお金がもう少し増えるかも」って言う心理をうまく突いているんですよね。

2000万円握り締めて他のカジノ業者でお金を使われたら企業としてはたまらん痛手。出金を遅らせて自分のカジノで遊んでもらうことは、よくある企業戦略なのですw

ベラジョンカジノで出金できないはデマです【理由も解説】

ベラジョンカジノ 出金できない

ネットでよく、ベラジョンカジノは出金できないと言う口コミを見ますが絶対にあり得ません。

これは、他者を叩いて自社に新規ユーザーを流すと言うアンチステルスマーケティングと言った手法です。
こう言った書き込みをしないと、超大手の大御所ベラジョンカジノには勝てないですからね。

まあ叩かれてもビクともしないのが現状ですが(笑)

何故、ネット上の「ベラジョンカジノが出金できない」と言う書き込みが「ステマ広告だ」と断言できるのか

理由は以下です。

  • 出金拒否をしていたら8年もトップ運営できていない
  • 海外の一般家庭でCMが流れるほどの人気と安全
  • しっかりライセンスを取得している

上記を1つずつ詳しく解説していきます。

出金拒否をしていたら10年も運営できてない

aaa
ベラジョンカジノ 運営歴
▶︎ウィキペディア引用

ベラジョンカジノは2010年に創設された会社です。

10年ってそれほど長くないんじゃないの?と心配する方もいるかと思いますが、
そもそもインターネット上のカジノ自体が歴史が古くないんですよね。

そう考えると、2010年から運営されているベラジョンカジノは、オンラインカジノの中では歴史が古いと言えます。

お金が関わってくるのでもちろん規制も厳しいですし、仮に詐欺などをする業者はすぐに潰されます。

ベラジョンカジノは10年の運営歴あるので、それだけ信頼できる業者だと言えます。
(なかなかここまで続く業者ないです)

海外ではテレビCMも流れている超大手

ベラジョンカジノCM


海外では、当たり前のようにベラジョンカジノのCMが流れているんですよね(笑)
こんなにユーザーもいて、有名なベラジョンカジノが詐欺業者だったとしたらとっくの昔に目を付けられて、撤退になっているに間違いありませんよね。

今も、問題なく使えて、生き残っているのがその証拠。

ライセンスを取得している

aaa
ベラジョンカジノライセンス
ベラジョンカジノ

Breckenridge Curaçao B.V.はキュラソー州知事により発行されたMaster Gaming License #1668/JAZに基づくCEG Curaçao Egaming により付与されたサブライセンスを通して、正式に認可されています。-ベラジョンカジノ公式サイトより引用

ベラジョンカジノのライセンス登録確認はこちら
2020年1月14日より、ベラジョンカジノのライセンスは規制の厳しいマルタからキュラソーに変更しました。
変更して大丈夫なの?サブライセンスって大丈夫?って思った方もいるかと思いますが安心してください。

以前は、仮想通貨が使え無かったり、入手金の上限が低かったり、何かしら規制が厳しくて自由度が低かったんですよね。

まるで生活指導のおばちゃん先生が担任になったみたいな(いやっすねw)
それが、柔軟性の高い担任に変更になりました。って感じですね(イメージとしては)

ライセンス変更による主な変化は下記

  • 決済方法の増加(ビットコインOK)
  • 入出金の上限UP
  • 新しいソフトウェアの追加

みたいな感じで、使いやすくなったんですよね。

ユーザーのためにライセンスを少し緩いとこに設定したって言う認識。
あとは、マルタだとライセンスの更新料が高いんで安いキュラソーに切り替えたんでしょう。

普通にログインもできますし、ゲームも問題なく遊べます。

「ベラジョンカジノは出金できない」についてのまとめ

ベラジョンカジノまとめ

はい、では今回の記事のまとめですね。

  • 「ベラジョンカジノの2000万円出金拒否問題」は、出金拒否ではなく出金遅延
  • 高額な出金は遅延する事があるが出金できないと言うことはまずない
  • 出金遅延は手元にあるお金でもっと遊んでもらうための企業戦略だった

人によって出金スピードに変化があったりするのも上記の理由。

私は問題なく出金できているので、出金できないと言うネットの書き込みはほとんどがデマなんですよね。

総合的に見ると今プレイできるオンラインカジノの中では確実にナンバーワンの業者です。
まずは、無料プレイもできるのでお金をかけずに一度遊んでみたらいいと思います( ✌︎’ω’)✌︎

ABOUT ME
あやめ
とある中小企業に勤務する普通のOL。副業でアフィリエイトをする傍らオンラインカジノ業者のベラジョンカジノに出会い、アフィリエイトで得た知識を活かしながら、最高月収80万を叩き出しました。最近は控えめに月30万~40万。このブログを読んだ人がオンラインカジノ で稼げる人になれるよう、ステマなしの有益な情報を発信していきます。